スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイク購入計画 

 最近自転車にハマっています。
正確にはロードバイクに惚れています。

 ロードバイクって何?と思う方もいらっしゃると思うので自転車の種類から軽く説明したいと思います。自転車にはいくつかの種類がありまして、代表的なものを紹介します。

ロードバイク:走ることを極めた自転車の最終形態?と言ったところでしょうか。ハンドルは独特な形をした「ドロップハンドル」と言われる曲がった形状で、自転車自体の重さはママチャリの約半分くらいでとても軽いです。そして細いタイヤを使って路面とタイヤとの摩擦抵抗を減らしています。イメージは競輪選手が乗っている自転車ですけど、厳密に言うとロードバイクと競輪選手の乗っている自転車「トラックレーサー(ピスト)」とは違います。速く走るという方向性は似ていますが別物です。

マウンテンバイク:舗装されていない道を走るための自転車です。普通の自転車より強度があり、悪路でも安定した走りや制動製などが求められています。ロードバイクよりこちらの方が知っている人が多いかと思います。特徴としては、太いフレームやタイヤ、サスペンションが付いていたりするところです。

クロスバイク:ロードバイクとマウンテンバイクの中間の自転車です。中間なだけに厳密な線引きは難しいらしく、そのバリエーションも豊富なようです。

ランドナー:長距離を快適に走るための自転車です。荷物を積んで長距離を移動するために作られている自転車なので、悪天候の場合も考慮されて泥よけが付いていたり荷台がついていたりします。

その他:最近は小型の折りたたみ式自転車など人気が出てきて、街中でもよく見かけますね。

 大雑把に紹介しましたが、大体こんな感じです。まだ他にも色々な種類の自転車がありますので興味のある方はこちらのサイトに色々書いてありましたので参考にどうぞ。


 さて、そのロードバイクと言われる自転車に惚れたというのはどういう事かと言いますと、ずばり!あのシンプルで速く走る為だけに設計されたあのフォルムと実際に走っているロードバイクのあの疾走感に心を奪われてしまったのです。
 もともと私は結構乗り物に興味はあるほうで、先日普通自動車免許を取得しましたが車に一番興味があったのは中学生の頃で、日本車から海外の車まで車種をほとんど言えるほど色々見てました。そして高校生になってくるとバイク(普通自動二輪、大型自動二輪)に興味を持ち出しました。興味を持つようになった発端は深夜テレビを見ているとMotoGPのハイライトみたいなのを見て、あのバイクのカーブを曲がるときの凄まじいほどのバンクやレースの中での駆け引きとライダーのテクニックなどそういったものに当てられてバイクに興味を持ちました。そして現在・・・。身近な乗り物代表自転車!という流れです。乗り物の歴史とは完全に逆行してますが乗り物という本質に向かって原点回帰しているのでしょうか?まぁそんな大層な理由を付加させなくても、ハマっているものはハマっているのです。

 そこで、今までママチャリと少しの期間だけマウンテンバイクに乗っていた私がロードバイクに乗ろう!と決意して情報を色々と集めて購入候補を決めていきました。

 まず、予算は13万が限界でした。先日紹介した自作PCで既に13万消費して(実はその後色々と追加しましたので支出はもっと増えています)残りの貯金が少なくなってきていたのです。他にも引越しの予算とか色々ありまして・・・。それでも何とか限界ギリギリで13万という予算を捻出して候補を絞っていきました。

 初めてロードバイクという存在を知った人にとっては、普段1万円程度のママチャリに乗り慣れていて「10万以上の自転車なんて考えられない!」と言う方もいらっしゃるかもしれません。私もこの金銭感覚にはまだ付いていけない方です。(収入のほとんどない学生の身分ですし・・・)しかし、相談に行った自転車販売店の店員の方もおっしゃっていたことなのですが、「乗り慣れてくるとこの値段差がどこの部品が違うからこうだというのがだんだん分かってくる」なのだそうです。まぁ私はまだロードバイク自体に乗ったことないのでママチャリとの明確な違いというものを体感したことはないのですが、想像ですけど明らかにママチャリとは違う次元の乗り心地をもたらしてくれるものと思っています。問題はロードバイクの入門クラスに乗ってそこから上級者レベルのロードバイクとの違いというものを分かるようにならなければいけないと思います。その為には今回買う予定のロードバイクで基本的なことを身に付け、違いの分かる大人になりたいのです!(そして、財布からお金が飛んでいくんでしょうね。)しかし、店員さんも言っていましたが高いものには高い理由があるのでそこを理解できるように早くなりたいです。

 少し話しがそれてしまいましたが、予算13万は決めてましたがこの予算を丸々自転車本体につぎ込むことはしません。ロードバイクに乗るために必要なものが付随するからです。具体的に言うと、ヘルメット、メンテナンスキッド(空気入れからパンク修理道具まで)、グローブ、ペダル、などです。それらも含めると大体自転車本体の価格は10万くらいに設定されます。
 ロードバイクの購入価格の最低ラインは10万とされており、10万以下のロードバイクもありますが、見た目がロードなだけで中身はロードバイクではないというものがあるそうです。そこで自転車販売店の店員さんと相談して決めた一台がこちらです。

R0205024_l.jpg
GIANT(ジャイアント)というメーカーのDEFY2(ディーファイ)という自転車です。
価格は11万。コンポーネント(自転車の部品)はSHIMANO(シマノ)のSORAを一部使っているようです。
他の候補としては、FELT(フェルト)の10万以下の自転車などでしたが、店員さん曰く「のちのちロードバイクに乗り慣れて来たときに『アレ?ロードバイクを買ったのに何か違う』と思うような時が来る」そうです。どうしても10万くらいだと本格的なロードバイクとは違うようで11万~13万くらいで初めてロードバイクの域に手が届くそうです。この自転車をチョイスしてのちのち違いが分かるようになってきたら、気になる部分部分を交換していけばいいかな?ということを相談して決めました。実際に決めてからこの赤色に心を奪われました。
 そして、残りの2万は最低限必要なヘルメット、メンテナンスのための空気入れやパンク修理キッドを一緒に注文しました。他のビンディングペダル(ロード用のペダル)やシューズ、その他ウェアーなどは追々バイトなどしてお金が貯まってから購入しようかと思っています。

 自転車は注文で、店に届くのは来週の月曜(23日)の予定なので今か今かと首を長くして待っています。
 ロードが届くまでは今まで乗っていたママチャリでロードに乗ったときのイメージトレーニングをしています。近くの本屋さんでロードバイクの入門書などをいくつか買ったのでその本を読んだり見たりして、ロード特有の乗り方というものをママチャリでイメージしながら少し遠くの場所まで乗ったりしています。ロードが実際に届いたらまたここで紹介したいと思います。ロードが高いという人はクロスバイクの5万円台などお手ごろな価格もありますので、興味を持った人は近くの自転車屋で試乗してみたりするのも悪くはないと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekuranonegura.blog56.fc2.com/tb.php/22-1f5375a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。