スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneが実質0円?! 

 今回は2月27日からキャンペーン実施となった

iPhone for everybody の話をしたいと思います。

 公式サイトを見てもらうのが一番なのですが、簡単に説明しますとソフトバンクは携帯を2年契約で結びその2年間(24ヶ月)に携帯端末代を24回払いで払い切るという形をとってきていまして、さらに24回払いに月月割という割引が効いて携帯端末代を安くするという手法をとってきたのですが、今回のこの
iPhone 実質0円
というキャンペーンを発表したのです。

 これはiPhoneの端末代が0円になった訳ではなく、実質0円になったのです。つまり今まで行ってきた手法とまったく同じなのです。2年契約を結び月々端末代を払い、その月々の端末代を割引するというものなのですが今回のは端末代=割引となって実質0円という形になったということです。
 
このキャンペーンの事情の推測や噂は色々なサイトで書かれているようですが、大体のところは今年の夏(7月ごろ)に新iPhoneが発表されるという噂が濃厚らしく、ソフトバンク側の在庫処分という見かたもありますし、私のようにソフトバンクの2年契約の縛りが切れる時期のユーザーの他社への転向を防ぎたいという思惑や、新年度の春からソフトバンクに加入する学生を学割with家族とセットで獲得したいなど色々な要素があってこのような戦略になったのでしょうか・・・?

 と、そういった裏事情は一般ユーザーには余り関係のないことでこのソフトバンクの戦略に載って得をするかどうかというところが素直な問題だと思います。

 ちなみに、私はまだ余りこの手の話は詳しく調べてませんが参考程度に

 特集・「実質0円」から始めるiPhone生活

 端末が実質0円!?「iPhone for everybody キャンペーン」を本日から実施!

 
 私は2年前の12月にソフトバンクの2年契約を結びましたので先々月から端末代を毎月払う縛りが取れまして、そろそろ別の機種も使ってみたいなぁっと思っていたところでした。

 今の料金プランは
 
 ホワイトプラン(934円)+パケットし放題(1029円~4410円)+S!ベーシックパック(300円)+スーパー安心パック(475円)
 割引ホワイト家族24
 
 合計2733円~6119円/月

 これが私の内訳の概要ですね。スーパー安心パックというのはつまり保険ですね。
インターネットは光通信のパソコンで行っているので、パケット代は実際下限の1000円ちょっとで月々3000円前後の請求になってます。昔はこれに+端末代が掛かっていたのですが今はなくなってます。

 そこでもし、iPhone for everybody キャンペーンに乗じて機種変更をした場合どうなるか考えてみました。

 公式によるとホワイト+S!ベーシック+パケット放題フル のセットが条件のようです。
私の今のプランと違うところは「パケットし放題」と「パケット放題フル」が違うようですが、キャンペーンの中にパケット放題フル上限が5985円→4410円で下限も1029円と今と変わらない値段となります。

 しかも、私の場合来年度春から大学生になるので「学割with家族」が適用されホワイトプランの基本料金935円が半額の490円になる計算になります。ちなみにwith家族ですから家族全員490円になるそうです。

 ホワイトプラン(学割with家族適用)(490円)+パケット放題フル(1029円~4410円)+S!ベーシックパック(i)(315円)+スーパー安心パック(475円)
 割引ホワイト家族24

 合計2309円~5690円/月

あれ?安くなってますね(笑)
 何はともあれ、去年の夏はテレビのニュースなどで騒がれていたiPhoneがここまで手の届く範囲に来たことは嬉しいです。実際に機種変更するかどうかは別として今回は私の利用プランからのシュミレートでした。

 他にも「ただとも」など某有名わんちゃんが宣伝しまくってますね。

 ユーザーそれぞれでメリットデメリットあると思いますのでじっくり考えて見ましょう。何事にもの時期ってのはありますしね。


白戸家 「二次会」篇
スポンサーサイト

自動車免許 

 私は4月から大学生になる訳ですが2月に大学が決定しあとの2ヶ月間が暇になったので急遽自動車教習所で免許を取ることにしました。
 
 教習所は自宅から近いウキコドライブスクール 博多の森に通っています。
 
 教習プランは合宿型ハイスピードプランといいまして、とにかくこのプランはスピードが早いです。普通は受けたい教習を数日前に予約しておき、予約の日時に教習所へ行って教習を受けるという形なのですが、合宿型は実際に合宿するわけではなく合宿のように早いという意味で、どのように早いかというと入校式から卒業までのスケジュールが全て初めから決まっているという点です。つまり既に教習の予約などもとってあり、スケジュール通りにこなせないと別途料金が掛かるというものなのです。

 早いというだけあって結構ハードなスケジュールも組んであります。朝(10時)から晩(夜の8時)までずっと学科教習と技能教習が詰まっている日があるなど大変です。その分早く終わりますが。

 料金は31万ちょいくらいです。(自分はマニュアル車(以下MT車)なのでこの値段です)
他のプランと比較してもそこまで圧倒的に高いということはなく時間に余裕があってきっちり教習をこなせる!という方にはお勧めかもしれません。何せ教習所に今年高校卒業する人が多く通ってるこの時期に、予約が取れない可能性のある中スイスイと予約を取る必要もなく教習車に乗れるのはメリットですね。

 簡単に免許取得までの流れを説明しますと、

 第1段階→仮免許検定→仮免許取得→第2段階→卒業検定→自動車免許交付

 という流れになってまして、第1段階、第2段階にそれぞれ学科と技能があります。学科:交通法規など、 技能:運転技能など、を学ぶといった感じです。
 最近変わった内容としては第1段階にあった技能教習で「方向変換」と「駐車」の項目でバックで所定の位置に入り出て行くというのが「方向変換」で縦列駐車などの駐車を行うのが「駐車」なのですが、この項目は第1段階では難しくまだ速度に応じた変速などができない状態でバックもやるというのは生徒の負担を重くしているということで、速度に応じた変速もできるようになり路上に出ても問題のない第2段階でやることになったそうです。

 そんな流れなのですが、私は今その流れの5分の4を終わったといったところでしょうか?
具体的に言いますと今は第2段階にいまして、今日あった学科教習で学科は全て終わり残りは技能教習だけで、技能も明日は自主経路設定と高速走行(高速道路を実際に走ります)をやり終えたら、残りは4時間だけで後は卒業検定だけとなっています。

 ちなみに私が教習所に入校した日は2月の11日です。
つまり、今まで車に一度も乗ったことのない人が2週間チョイで高速道路を走ることになるのです・・・。私の母にこの話をすると「あんたの横には乗らん!」と言われました・・・。
まぁ当然の反応でしょう。自分も毎日緊張の日々です。(特に路上は)

 
 明日の天気が晴れることを祈りたいと思います。雨の中を高速道路走行なんてしたくないですからね・・・。

自転車の話 

今回は私の気になったニュースということでここにご紹介させていただきます。

格安自転車を使うことで失われる3つの感覚

という記事を見つけたのですが、これを読んでまさにそのとおりだなっと思ったんです。

 私は高校時代、晴れた日は自転車通学をしていました。雨の日はもちろん自転車で通学できませんから電車通学でした。自宅から学校までの距離は約11㎞くらいでした。(途中かなり急な坂などもあります) その経験から思い出されることは自転車という道具のポテンシャルの高さです。私の自転車を漕ぐスピードは同級生の自転車を漕ぐ人に比べたら速いかったようですが時間は25分くらいでした。この時間は電車で通う時間とほぼ変わりません。(待ち時間なども含めて平均的に)
 自転車は燃料も食いませんし、燃料を使わないということは排気ガスなどもなく環境にも優しく自分の体の健康にもいいと言う3拍子揃ったとても効率のいい素晴らしい乗り物だと思っていました。
 
 かくいう私も最近は大学に入る前の暇な時期に車の免許を取っておこうと自動車教習所に通ってるわけですが・・・。 しかし!自転車で通ってます。

 中学2年の頃から使っている自転車―シティバイク(まっすぐなハンドルで3段変速機能付)の自転車を今でも使っていますが、スイスイ走ります。実際当時買ったときの値段は1万5千円くらいで余り高い自転車ではなくいわゆる格安の中国製自転車だと思いますが、購入してから色々自分なりに整備して今年で7年目を迎えようとしています。
 自分なりに整備したと言いましたが日々の点検は自分で行い、ブレーキ交換やスポークの調整は自転車屋に頼んでやってもらいました。私の使っている自転車は典型的な大量生産の格安自転車なのですが買ったときからその値段がとの性能しかありませんでした。具体的に言うとまずブレーキが悪かったですね。 街を走っててたまに キキッッー! というウルサイ音を出して止まる自転車ありませんか?あれはベルトを引っ張ってブレーキを掛けているのであんな音が出るのです。

ブレーキの見た目
見た感じこんなのです。

ブレーキを横から見た感じ
横から見るとこういう感じで内側の丸い金属を回りの黄色っぽいゴムで引っ張っているのです。

ブレーキをはずして見たら
取り外して見ると黄色っぽいゴムが周りについています。これをワイヤーで引っ張ることでブレーキがかかっているのです。

ドラムブレーキ
こちらはドラムブレーキの構造を簡単に表したものなんですがこれは内側から周りの金属を突っ張る感じでブレーキを掛けるので音がほとんどしません。

※自分で分解した画像がなく勝手にお借りした画像で申し訳ありませんが参考に使わせていただきました。削除依頼があれば行います。

値段的には数千円しか違いませんが、音もしませんし、制動性能もかなり違います。
私は自転車屋に言ってアドバイスをもらって換えました。
 またスポークと呼ばれる自転車のタイヤを支えている細い金属の棒なのですが、これも買ったときから既に緩んでいたり、締まり過ぎていたりとかなりバラバラで調整が必要でした。この調整は精密で技術を必要とする調整ですので自転車屋に持っていくことをお勧めします。この調整だけでタイヤの微妙なゆがみを直してくれるので、タイヤの転がり方がまったく変わります。余談ですが、この調整は職人技で本物の職人が1から組み立てたものはウン十万します。

 今は自分が長年使ってきた自転車を使っていますが来年度から大学生になりますし、念願のロードバイクを買って見ようと思っています。もしくはクロスバイクを…。ロードバイクやクロスバイクといった自転車の種類に関してはまた今度詳しく語ってみたいと思いますが、このくらいの自転車は5万円以上が前提です。高いと思いますがやはりそれだけの違いはあるようです。今まで安い自転車で我慢(今の自転車に不満がある訳ではないですが)したのでお金を貯めて買おうと思っています。5万と言っても1泊の旅行より安いですしPC1台より安いですから、5万ちょいを出して10年いやもっと長い期間愛用できなおかつ健康で経済的で環境にもいい、さらに遠出をして景色を楽しむことに繋がったりと軽く元は取れると思います。
 上の記事の松浦晋也さんがおっしゃっているように、安いものには安いだけの、高いものには高いものの理由があるのだと思います。川沿いに捨てられた自転車を見て思うところもあります。

やはり普段から使う道具は愛着心を持ちたいものですね。

初めまして 

初めまして。

新しくブログを立ち上げたロックオン3世です。


以前Yahooの方でブログを書いていましたが、訳あってこちらのブログで新しく始めました。

これからは、日記という形で私の興味や関心、今嵌っていることや昔やっていたことなどその他色々載せていきたいと思っています。

まだ、こちらのブログの使い方を熟知していないので見苦しいところはあるかと思いますがよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。